トップページ > 製品情報 > マスキングフレーバー 風味改善素材

マスキングフレーバー

当社では、高甘味度甘味料の後味改善、酸味・酸臭、苦味抑制などお客様の用途に合わせたマスキング素材を開発しております。

香気成分の中には「味」に影響を与える成分が存在しています。このような成分が、素材の香りを詳細に探索するHASEAROMA®の開発過程において食品中から見つけ出されており、効果を検証することで、マスキングに効果的なフレーバーとして応用しています。

応用事例

鰹だしを合わせた土佐酢は酸味がまろやかになります。また、鰹だしはゴーヤの苦味を和らげます。当社が鰹節から発見した重要香気成分TDD((4Z,7Z)-trideca-4,7-dienal)※1)にも同様の効果を得られることが検証され、このTDDを応用した各種マスキングフレーバー※2)を開発しました。下記用途にご活用頂けます。

高甘味度甘味料の後味改善

高甘味度甘味料の苦味、渋味、えぐ味等の嫌な後味を、異味・異臭を付与することなく、効果的に抑制します。また、キレやすっきり感を付与し、砂糖に近い自然な甘味に改善します。

酸味・酸臭のマスキング

酢、ヨーグルト、果汁飲料等の酸味・酸臭を和らげます。

苦味、渋味のマスキング

緑茶飲料、コーヒー飲料、炭酸水等の苦渋味をマスキングします。

※1)特許取得
2015年度農芸化学技術賞受賞
「分析・合成・調香技術の総合による新規食品香料開発」 研究情報へ
※2)特許取得

HASEAROMA®、ハセアロマ®は、長谷川香料株式会社の登録商標です。

製品情報一覧へ戻る

↑PAGE TOP