経営戦略は?

当社では3つの基本戦略を中心に据え、事業を展開しています。

コアビジネス(調合香料)の拡大に注力

当社は、コアビジネスである、高付加価値で採算性の良い調合香料(フレーバー、フレグランス)事業に経営資源を集中しております。これからも、「技術立社」の社是の下、それぞれの顧客のニーズに合わせた他社に真似のできない製品をテーラーメイドで提供してまいります。

国内における収益の確保

総合研究所の機能を最大限に活用し、研究と営業が一体となって顧客ニーズを先取りするソリューション営業を推進することで、顧客業界の新製品開発テーマへの採用に結び付ける努力を続け、販売シェアの拡大を目指してまいります。

また、特徴のある差別化された製品開発を行う一方で、生産性の向上や業務全般の効率化によるコスト削減に取り組むことで、当社の収益基盤である国内市場での収益の確保に取り組んでまいります。


海外市場における成長

少子高齢化に伴う成熟化が進行する国内市場でのシェア拡大に努める一方で、今後の当社の成長を追求するためには日本・米国・中国の3極体制を中心とした更なるグローバル化の推進が不可欠であり、その重要性が高まっております。

国内、海外の各拠点間が密接に連携し、各地域のマーケット情報及び技術情報を共有することで、当社が国内で培ってきた技術力の海外市場への応用・展開を図り、海外市場での業績拡大を目指してまいります。

↑PAGE TOP