トップページ > 事業内容 > [造]香りをかたちづくる

[造]香りをかたちづくる

研究開発の成果を製品としてかたちづくる生産工場。
総合香料メーカーとして、世界有数の製造設備と万全の品質保証体制のもと、
高品質な製品を製造しています。

 

生産体制

多品種生産を支える効率的な生産体制

バーコード調合システム
バーコード調合システム:
コンピューター制御により自動的に原料棚が選択される。
モニター画面に従い原料のバーコードを照合し、調合をすすめる。

国内では、深谷工場、板倉工場からなる深谷事業所と100%子会社である長谷川ビジネスサービス株式会社ファインフーズ工場において、年間約2万トン、14,000品目を生産しています。
原料の入荷から製造、出荷まで、バーコードにより一元化された管理システムを導入し、原料、製品の検査結果や在庫状況を即時に把握することで多品種生産を可能にしています。また、充実した製造設備と徹底した品質管理により、お客さまのあらゆる要望にお応えできる体制を整え、綿密な生産体制のもと、テーラーメイドの「高品質・高付加価値」製品を製造しています。

 

製造技術

「香り」を製品化する製造技術

スプレードライ装置
スプレードライ装置:
揮発性の高い成分を基材とともに高温のなかに噴射して香気成分を粉末化する。

当社が提供する香料は、用途が多岐にわたるため、使用目的や最終製品の製造条件に応じて、最適な形態に加工することが必要となります。
例えば、水に溶けて香り立ちもよく、主に飲料などに使用される水溶性香料、耐熱性があり焼き菓子などに使用される油溶性香料、油溶性香料を乳化剤とともに微粒子化することで水中に均一に分散させ飲料などに使用される乳化香料、取扱いや分散性に優れ、粉末スープやチューインガムなどに使用される粉末香料などがあり、これらの形態に加工する高い製造技術で、多様化・高度化するお客さまのニーズに対応しています。

↑PAGE TOP